悪徳業者の見分け方

悪徳業者の見分け方

騙されないためには悪徳業者の特徴を知ること

ファクタリング会社は100社以上ありますが、中には悪徳会社が混じっているのは事実です。

ファクタリングの利用で悪徳業者に騙されてからは遅いのです。

騙されないためには悪徳業者の特徴を知っておくことが大切です。

悪徳業者の特徴が以下になりますので注意してください。

直接会ってくれない

ファクタリングを利用するに関して、書類の確認や利用者の人柄を確認するのが一般的です。

ファクタリング会社の方もリスクがあるため、その利用者の確認をしたいのが当たり前。

特別な理由がないのに会いたがらない会社は疑ったほうがよいでしょう。

振込までのスピードを重視したい会社もあり、対面することなく取引をしてくれる会社もありますが、悪徳業者の多くが対面をしたがらず電話のみで対応しています。

ホームページの確認をしておく

契約する前にファクタリング会社の住所などをチェックしておきましょう。

ホームページに記載している会社概要などをチェックし、住所の場所が本当に会社があるのかを確認しておきましょう。

現在はグーグルの検索などで簡単にチェックできると思います。

優良会社なら堂々と本拠地を載せているはずです。

携帯電話で対応したがる

会社概要で固定電話番号(03や0120)など記載されているからといって安心してはいけません。

面識もなくまだ信頼できるかどうかわからない状況で、連絡は携帯電話でとりたいなど、固定電話での連絡が撮りづらくなったりする場合は注意する必要があると思います。

口座情報を確認しておく

悪徳業者の特徴としては、新規に設立したばかりや正式に存在していない。

相手の口座情報を確認しておきましょう。

振込口座などが個人名や違う法人名だったりすると基本的に怪しいです。

ネットバンキングは簡単に口座を作成することができますので、このようなやり口はネットバンキングが多いでしょう。

だからといってネットバンキングを利用している会社が全て悪いとは言いません。

できるだけ、UFJやみずほ、三井住友などのメガバンク口座を利用していることが安心できるポイントになります。

このように振込口座を確認しておきましょう。

ギリギリまでその情報を教えてくれない会社は怪しい。支払い直前に教えますなど聞いてもなかなか教えてくれない場合は注意が必要です。

利用者や情報を確認

当サイトでは悪徳業者に騙されないために様々な評判を掲載しています。

実際に利用した方のコメント投稿が可能となっており、振込速度や手数料を確認することができます。

評判の悪い会社や実際に振込などがなかった悪徳業者も情報が入り次第公開していますのでご確認いただければと思います。