ファクタリングは銀行でも行っている

ファクタリングは銀行でも行っている

銀行でもファクタリングの利用は可能

銀行では融資してもらうだけだと思っていますが、その依存を解消するために、資金調達の手段を多様化するために行っています。

聞いたことがある銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の大手都市銀行は、子会社を通じてファクタリングを取り扱っています。

中小企業や個人事業主が銀行融資してもらえるのには審査が厳しく、なかなか思った金額や融資すらしてもらえないことがあります。

そこで、銀行融資以外でも資金調達手段として銀行がファクタリング業界に進出しています。

ただ、やはり銀行。利用するには安心感はかなり高いが、どうしても審査に時間がかかってしまい、即日は厳しいと思っておきましょう。

そして、2社間での取り扱いがほとんどなく、売掛先にも知られてしまう3社間での取り扱いがほとんどのようです。

デメリットのようなことを言ってしまいましたが、メリットも多数あります。

銀行が運営するファクタリングのメリット

信用力の高さ

大きなメリットとしては、信用力でしょうね。

まず間違いなく、騙されることはないし、トラブルも起きることなく取引が出来るでしょう。

ファクタリングはまだ歴史の浅い業界です。

そのため、銀行以外のファクタリング会社でも知名度の低い企業が多数あります。

中には、高い手数料を取ろうとする悪質なファクタリング会社が存在するのも事実。

そのリスクを避けるためには、銀行が運営しているファクタリング会社は信用力が高く、安心して利用できると言えるのです。

手数料の安さ

銀行系のファクタリング会社は他のファクタリング会社と比べて手数料が安いというのが特徴です。

その手数料の安さには理由があります。

銀行系は2社間でのファクタリングは基本的に取り扱っておりません。

3社間で問題なければ利用できるので、安い手数料で利用することができるという解釈になります。

利用を考えている場合は、銀行系のファクタリング会社と他のファクタリング会社での手数料の違いを確認してみてください。

銀行が運営するファクタリングのデメリット

債権譲渡登記が必要

債権譲渡登記とは、登記所に売掛金をファクタリング会社に売却したということを登記することになります。

回収リスクを減らすためこの債権譲渡登記を行うことを必要としているようです。

利用者のデメリットとしては、登記されているので第三者にファクタリングを利用していることを知られるということと、債権譲渡登記を行うための費用が掛かります。

審査について

銀行系のファクタリング会社はやはり審査が厳しい。

個人事業主や中小企業向けに融資以外の資金調達方法といっても審査が厳しく利用できないこともあるようです。

結局は、利用者の信用がなければ利用できない可能性があるようです。

利用者の基本的な理由としては、融資をしてもらったが、金額が安くもう少し資金調達をしたい場合に追加枠としてファクタリングを利用する方が多いようです。

まとめ

銀行系のファクタリング会社は安心して利用できるのが間違いないのですが、審査など時間が掛かり利用できない可能性もあるみたいですね。

そして、3社間がほとんどなので、2社間で利用を考えている方は利用できないということになりますね。

利用方法としては、上記で説明した通り、融資してもらったがまだ不足している場合に追加枠としてファクタリングを利用するという考え方が良いでしょう。

急ぎで資金調達したい方も、この銀行系のファクタリング会社の利用は間に合わない可能性がありますね。