取引先が倒産した場合

取引先が倒産した場合

取引先の倒産について

ファクタリング会社で申し込みを行い、資金調達完了後、売掛金を回収する前に取引先が倒産した場合はどのようになるのか?

利用した自分が負担することになるのか?

それとも、ファクタリング会社が損を請け負うことになるのでしょうか?

気になりますよね。

今回は倒産ということになっていますが、倒産せずに取引先の資金不足で支払いが行われない場合も同様です。

このような状況になった場合は「償還請求権」がどうなっているかによります。

償還請求権とは

・償還請求権で契約をしていた場合
ファクタリング会社が利用者に対して支払った売掛金を請求することができます。

・償還請求権なしで契約をしていた場合
利用者はそのような状況になったとしても、ファクタリング会社が負担することになり、請求することはありません。

まとめ

契約するときに償還請求権の内容、確認は必須です!

償還請求権なしとなれば、ファクタリング会社は大きなリスクを負うことになるので、申し込みの際に費用はかかってしまいます。

逆にと償還請求権ありとなれば、手数料を下げてくれるでしょう。

申し込みの際は、きっちりと確認し、手数料等の交渉を行ってみても良いでしょう。