ファクタリングの歴史

ファクタリングの歴史

ファクタリングはアメリカ発

ファクタリングの歴史はかなり古く100年以上前からこのシステムはあるようです。

言い方はファクタリングということばではなかったものの、支払いサイクルを前倒しして高度経済成長を支えた仕組みの1つとして利用されていたようです。

現在は日本ではまだそこまで認知度が低いのですが、アメリカでは100年以上の歴史もあり認知度が高いのです。

日本で認知度が上がらなかった理由は手形取引というものがあったからです。

経営者の方なら手形取引を利用していると言われても、他社の印象もファクタリングと比べ印象が悪くないかもしれないですよね。

ですが、現在では手形取引はかなりの数が減ってきており、ファクタリングが注目を浴びる可能性が高まっています。

将来はファクタリングを利用していることは一般的なものと認知され、1つの資金調達方法となっているかもしれませんね。

現在のファクタリングについて

現在はインターネットは当たり前!電子決済も普及しています。

ファクタリング会社も数多く存在するようになりました。

売掛先に通知することなく2社間での取引が出来ることもあり、利用者のニーズにあっています。

2社間だと手数料が高くなってしまいますが、売掛先に知られないということもあり利用する人も多くなっているようです。

これからファクタリングが流行れば、3社間で利用する人が当たり前にとなり、売掛先の印象も悪くなく利用できるようになれば・・・いいですね。

実際にファクタリング会社が増えていることがわかると思いますので、当サイトのファクタリング会社一覧で確認してみてください。

ファクタリングには歴史があるのです。

ようやくになりますが日本でも当たり前に利用されるということが徐々に近づいているのは事実です。