保証ファクタリングとは

保証ファクタリングとは

保証ファクタリングは買取ファクタリングとは違う!

通常の買取ファクタリングはファクタリング会社が売掛債務を依頼者から買取る形です。

今回の保証ファクタリングは通常とは違います。

売掛債務をファクタリング会社が買取るのではなく、売掛債務に保証会社に保険をかけることです。

例えば、貴方の会社が初めて取引する会社があるとします。そこで、売掛債務が発生した場合、新規の会社で本当に支払いされるのかという不安がありますよね?

まだ、信用のない会社や噂で倒産リスクがある会社と取引を行う場合、あなたならどうしますか?

取引を終了させて、自社が困るか。(他の取引先が見つかる場合は別)

多少のリスクがあっても、依頼するか。

ここで、保証ファクタリングを利用することができます。

貸し倒れのリスクなどを受けてくれるのです。

この保証ファクタリングをかけておくことで、新規の取引先や倒産リスクのある会社が、何かしらの原因で売掛金の回収ができなくなった時に保証会社がその金額を支払ってくれるのです。

これが、簡単に言うと、保証ファクタリングです。

取引先の支払いの遅延が多くなってきたり、新規で取引を始める会社に利用することが多いようです。

保証ファクタリングのメリット

【貸し倒れがなくなる】
取引がなかった会社などからリスクを避けながら新規に取引をすることができます。

【業種によっては国から助成を受けれる】
経営の安定化などにより、業種によりますが助成を受けることができ、保険料率が低くなります。

【手数料が安い】
保証ファクタリングの手数料が通常よりも安く利用できるし、何か起きても100%回収できる。

保証ファクタリングのデメリット

【倒産しなければ支払いがない】
何かしら起きて、保証ファクタリングで保証を受ける場合、早期に現金化できるわけではありません。取引先の倒産や、支払遅延がなければ支払いしてもらえませんので、売掛債務が発生した時点で早めに資金化したくても不可になります。その場合は通常のファクタリングの利用扱いになります。

【取引先への影響】
基本的には知られることがないのですが、売掛金の遅延の場合は万が一知られる場合があるかもしれません。保証ファクタリングをかけていたと知られれば取引先はあまり良い気分ではないでしょう。