飲食店の方へ!有効にファクタリングを利用する方法

飲食店の方へ!有効にファクタリングを利用する方法

飲食店での利用方法は?

キャッシュレス化が進んでいる現状です。

支払いにはクレジットカードや電子マネーを利用する人がこれからも増えてくるでしょう。

昔の飲食業ならキャッシュでの支払いがほとんどでしたが、その流れもかわり飲食店にキャッシュが入ってくるのにタイムロスが発生することになっています。

できるだけ早くキャッシュが欲しいと思う飲食店も多いのですが、クレジットカード会社に対してファクタリングを利用することができるのでしょうか!?

実は、クレジットカード会社のほとんどが「債権譲渡禁止条項」を設定しており、ファクタリングを利用することが難しくなっております。

「債権譲渡禁止条項」を設定していれば、3社間ではまず無理になるでしょうが、2社間では利用できます。

しかし、クレジットカード会社とのトラブルを避けるため、ファクタリング会社もこのような状況ではあまり取り扱ってくれないことが多いのです。

ですが、安心してください。

時代は変わる

現在、一般の方の支払いが変わっているように、ファクタリングを認めるクレジット会社も増えています。

中にはタッグを組んでいる会社もあり、手数料が安い3社間で利用することが出来るのです。

クレジットカード会社なら安心できますし、取引先との関係も悪くなることはなさそうですね。

さらにお得になります!

それは、ファクタリング会社はクレジットカード会社を信頼しやすいということもあり、2社間では手数料が20%近くや超えることがあるのですが、場合によっては2社間なのに10%近くで利用することができることがあります。

3社間だったら5%近い手数料で利用することもあるようです。

飲食店は、人材や食材などの品質を下げないためにも急な資金調達が必要となる場合があります。

そのような状況になる可能性がある飲食店の方!

現在はファクタリングを低い手数料で利用することができる可能性がありますので、準備しておくのは悪くないと思います。

コメント