ファクタリングは建設業に有効!?

ファクタリングは建設業に有効!?

建設業にファクタリングは人気

建設業は基本的に銀行からの融資が一般的でしたが、現在はファクタリングの利用が多くなっています。

今まで銀行で融資を受けれなかった建設業者もファクタリングなら可能となることが多く、資金調達法として広がりを見せています。

今後は建設業はファクタリングを資金調達として増加する可能性が高いと予想されています。

なぜ、ファクタリングが建設業に人気になっているかの理由を解説していきたいと思います。

会計上の重要度

資金調達は銀行からの融資が手数料も安く、ファクタリングに比べお得になるのはわかると思います。

ですが、審査が厳しく借り入れできないこともあります。

でも、できるならファクタリングを利用するよりも銀行融資が良いと考えている方がほとんどです。

銀行融資が断られてしまっても、今後の実績や売上によって、後に借り入れができる企業となる可能性があります。

それまでの資金調達が必要な場合に消費者金融などで資金調達をしていると、不安定な会社かもしれないという印象を残してしまいます。

ファクタリングなら、会計上の処理は借り入れとはならず、売上となりますので見た目では特に資金に困っているということはありません。

ファクタリングを利用して、業績年数を重ねることにより、銀行からの信頼ができる可能性が有り、後に手数料が最も安いと言われている銀行融資が受けれる可能性が出てくるからです。

そのため、銀行融資が受けれないが、他の方法でどうしても資金調達が必要となる建設業はファクタリングを利用することが多いのです。

建設業はまとまった資金が必要

建設業は工事完成を約束して、業務が完了してから工事代金を受領するのが原則となっています。

工事が完了するまでは数千万円、数億円の費用を建て替えなければいけない状況が発生することがあります。

下請け会社に依頼などをすると、金銭がどうしても必要となります。

工事を完了すれば資金が入るのにそれまでの運転資金が無い。という状況が多くあると言われています。

その際に、資金調達が必要となり、工事完了までの売上が確定している場合は、ファクタリング会社が資金を調達してくれます。

建設業にとってはファクタリングは有効な資金調達の手段であると言えるのです。

建設業は2、3ヶ月後の支払いがほとんどで、それまで売上ない状況となるのが当たり前と言われてるので、ファクタリングは建設業に人気となっている理由と言えます。

コメント