こんな時にファクタリングを利用しよう!

こんな時にファクタリングを利用しよう!

利用するべき状況

ファクタリングを利用して良かったと思っている人などの意見を参考に、こんな時にファクタリングを利用するべきだという内容をまとめてみました。

融資やローンの審査が通らない

会社運営や個人事業を始めたばかりの方で、予定通りの資金繰りで進む方もいるかもしれませんが、何かしらのイレギュラーで資金調達が必要になってくる方も多い。

その際に、基本的には銀行など融資やローンで対応しようとしますが、そこには審査が必要となります。

いつくかの資料作成など頑張ったのに審査が通らず資金調達ができないことがあります。

借入もできず、売上はあるのにキャッシュがない・・・。

そんな方には、ファクタリングです。

売上があるが入金は2.3ヶ月後。

それまでの資金がない方がファクタリングを利用しています。

審査などもないといっていいほどで、売掛金の状況を確認してもらうだけで利用できる可能性があります。

財務状況などの悪化をさせない

銀行などの融資審査を受けているが、他でも借入をすると、その状況がバレてしまいます。

ファクタリングなら借入をしているという状況を作らず、売掛金の入金があったことになりますので、財務状況や信用情報などに影響はありません。

今後、銀行からの借入をするまでの期間でキャッシュがなくなってしまった場合などに利用する方がいます。

取引先の倒産などの回避

ファクタリングを利用し、売掛金が問題なく認証され、ファクタリング会社から入金してもらったあとに、売掛先の会社が倒産した場合、ファクタリング会社から売掛先からの入金がなかったので返金してくださいということはありません。

「償還請求権なし」のものが一般的ですので確認しておきましょう。

売掛先の倒産リスクを避けるために利用している方もいるようです。

大口の資金調達

ビジネスローンなどは、どんなに評価が高くても多くて1000万円が最大額と言われています。

それ以上の資金が必要で、同額以上の売掛金がある場合に利用することがあります。

資金が急ぎで必要

急な資金が必要だが、融資などでは書類審査や少額では利用できないということがあります。

ファクタリングは売掛金さえれば少額でもすぐに資金化できる可能性が高いです。