ファクタリングでの2社間と3社間の違い

ファクタリング2社間と3社間の違い

2社間と3社間の違い

ファクタリングは基本的に2社間か3社間での取引があります。

3社間は「あなた」「売掛先」「ファクタリング会社」の全てがファクタリングを利用したことを把握することになります。

①「あなた」→「売掛先」売掛金の発生

②「ファクタリング会社」→「売掛先」売掛金の確認

③「ファクタリング会社」→「あなた」売掛金の支払い

④「売掛先」→「ファクタリング会社」売掛金の支払い

という流れになります。

2社間は「あなた」が「売掛先」にファクタリングを利用していることが知られずに取引することになります。

①「あなた」→「売掛先」売掛金の発生

②「ファクタリング会社」→「あなた」売掛金があることを確認

③「売掛先」→「あなた」売掛金の支払い

④「あなた」→「ファクタリング会社」売掛金の支払い

という流れになります。

簡単にまとめますが、売掛先に知られるか知られないかが大きな違いとなります。

それぞれのメリット、デメリット

3社間のメリット

・手数料が安く利用できる
・大手会社も3社間だと利用できるので安心できる

3社間のデメリット

・売掛先の同意が必要となる
・手続きが若干多くなる
・ファクタリング会社によって売掛先が断る可能性がある

2社間のメリット

・売掛先に知られることなく利用できる
・問題がなければ現金化が早い
・ハードルが低く、手続きが簡単
・業者選びが豊富になるので選択肢が増える

3社間のメリット

・手数料が高くなる。初回だと信頼度も低いため高くなる可能性がある
・大手会社があまりサービスを展開していない
・ファクタリング会社のリスクが高いため、審査などに時間がかかる可能性がある

まとめ

様々な状況によりますが、利用するあなたの状況によってより良い方法で利用することができます。

例え1度断られても、他のファクタリング会社では取引してくれる可能性があるということを知っておきましょう。