手形割引とファクタリングの違い

早期に現金化する目的で利用される手形割引

手形割引とは早期で金融機関から現金化するために利用できるものです。

原則では期日までは現金化ができませんが、期日よりも前に現金が必要になった場合に手形割引を利用することになります。

金融機関などで利用可能ですが、期日までの手数料や利息が必要となります。利用する際に手数料や利息を引いて買い取るため、提示額よりも少ない金額で現金化することになります。

ファクタリングとの違い

ファクタリングと手形割引の大きな違いは返金リスクや手数料です。

手形割引は、約束手形を金融機関に買い取ってもらうため、必ず返金義務が残ります。

一方、ファクタリングは売掛金を買い取ってもらうため、返金の義務はありません。
注)基本的に必要ありませんが、ファクタリング会社への申込方法によって異なりますので注意しましょう。償還請求権を勉強しておきましょう。

どちらも急ぎで資金を調達する方法となりますが、結局どちらを選べば良いのでしょうか?

どちらも売上金があるが、入金までの期間があり待てない状況の際に利用するものですが、実際にはファクタリングがオススメと言えるでしょう。

理由としては、急ぎ出るのにも関わらず手形割引は、金融機関との取引となりますので審査が厳しく、実績などがなければ利用してもらえないことが多い。

ファクタリングは、実績がなく中小企業だとしても、ファクタリング会社が金額等に応じて対応してくれることが多い。金融機関よりも手軽に利用できるためにファクタリング会社があると思ってよいでしょう。

最近では個人事業主や中小企業が多くなっている時代。

ファクタリングでの資金調達をしている利用者が増えているのは事実です。

支払いリスクが発生しないというファクタリングは着実に人気を集めています。