ビジネスローンとファクタリングの違い

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは事業者用のキャッシングサービスです。

一般の方にもキャッシングサービスはありますが、ビジネス用のキャッシングサービスは限度額が高めになることが多いです。

審査方法が決算書などのデータが必要となるため、融資の金額や金利が変わります。

手続きが簡単であり、融資までのスピードが速いのが特徴になります。

担保や保証人が必要ない無担保ローンや必要とする有担保ローンがありますね。

ビジネスローンとファクタリングの違うところ

ビジネスローンの方が審査が厳しめになると思いますが、コストを考えると少し安い場合が多くなっています。

そして、資金を調達した際の会計上の処理が変わってきます。

ファクタリングの場合は売上になりますが、ビジネスローンでは負債になってしまいます。

で、結局どちらで資金調達をしたらよいのかと考えたら、どちらが良いのか判断が難しいと言えます。

売掛債務がなければもちろんビジネスローンでの方法になると思いますが、ある場合は多少コストが増えてしまいますが、後のことを考えるとファクタリングの方が目に見えたキャッシュで判断できるので良いのかと思います。

これからの資金調達をどのように考えているのかで考え方も変わると思います。

数回融資を考えている場合は、ファクタリングでも手数料が安くなることが多いので、ファクタリングで利用する方が良いと思います。

これを言えば元も子もないですが、売掛債務が無ければビジネスローン、ビジネスローンの審査が通らなければファクタリング。

当たり前ですねw

今後の融資計画などによって2つを比較して利用する方法を考える必要がありそうですね。

コメント