銀行とファクタリングの違い

銀行とファクタリングの違い

銀行とファクタリングとノンバンクを比較

事業資金の調達で相談できる相手として、銀行・ノンバンク・ファクタリングを各内容について比較してみました。

融資について

銀行

銀行での融資については、ノンバンクと比べて高額を融資してもらうことができます。
そして、金利が低いというのも特徴です。

ノンバンク

現金を手にするスピードの早さが特徴です。ですが、高額での資金調達が難しくと言われています。

ファクタリング

ファクタリングはお金を借りるわけではないので、売掛債務に関係するのでその利用内容によって金額や早さが変わってくると思います。

審査について

銀行

銀行は最も重要視されるのが返済が確実に出来るのかどうかを確認します。返済するための今後の支払いプランなど過去の実績や直近の業務成績が大きなポイントになるでしょう。審査基準が高く、審査が厳しいです。借入するために保証人が被強になることがあります。

ノンバンク

もちろんではありますが、業者によって基準が大きく変わってきます。全体的に審査基準は緩めではあります。審査のスピードも早く即日融資が可能の場合もあります。保証人は不要の場合で利用することが多いようです。

ファクタリング

ファクタリング会社によって、審査が緩い会社や厳しい会社があります。それは金額などによって変わるようです。やはり単純にお金を貸すだけではないので、売掛債務によって審査の基準が大きく変わるようです。保証人も必要なく、どのプランで利用するかによっても審査の基準が変わることがあります。

手数料について

銀行

融資の際に事務手数料が必要となりますが、他の資金調達と比べ低い手数料になります。金利についても他と比べ低いですが、やはり審査には時間が掛かり厳しいと言われています。

ノンバンク

利用時の手数料は必要ないところが多いですが、金利を考えると最終的には銀行よりも支払額が高くなるでしょう。少額でさくっと借りてさくっと返す程度なら銀行よりもこちらで多少リスクを抱えても利用する便利さはあると思います。

ファクタリング

手数料は利用プランや業者によって大きな違いがあります。選ぶファクタリング会社が重要になりますので、しっかりと利用する会社選びをしましょう。ファクタリングは利用時の手数料以外に、金利が発生することがありません。