トラブルを回避するためのポイント【その4】

トラブルを回避するためのポイント

手数料がいくらなのか明確にしない

申し込みの際に手数料がいくらなのか教えてくれない業者があります。

曖昧な数字などを言ってくることがあり、明確な金額や%を教えてもらえず先に申し込みをさせてしまうという業者があります。

最終的に入金された金額が思ったのと違っても、手数料等を明確に教えてもらっていなかったということを理由に結果的に思ってもいない手数料を支払う結果となる可能性があります。

一般的には契約前に手数料がわかるので、確認しておきましょう。

申し込み時の書類等に手数料の明記がされておらず、口頭だけの約束など入金額ははっきりしていない場合は取引はやめておいたほうが良いです。

曖昧なままで契約を進めて完了してしまった場合、後から書類を見てみると高額な手数料を支払うことになる可能性があります。

資金調達までに時間がない場合でもこの部分はしっかりとチェックしておきましょう。

契約書の内容をしっかりと読み、気になる点があれば確認してから取引をすすめましょう。