ファクタリングの需要が多い運送業

ファクタリングの需要が多い運送業

運送業はネット通販の普及によって物流業界の売上は上昇傾向

売上に関しては需要が多く、上昇傾向ではありますが、燃料費などの高騰により利益率を考えると苦悩している状況でもあります。

運送業の下請け会社は利益率が非常に低くなっていると言われているのが現状です。

ですが、データでは日本全国に於けるトラック運送事業者の営業利益率が7年ぶりに黒字になっているようです。

運送業でファクタリングが人気の理由

ファクタリングはあらゆる状況でも柔軟に対応できる資金調達方法として利用している業者が多いようです。

ファクタリングだと入金サイクルを調整することができ、通常だと入金サイクルが不安定になることが多い。

近年では手形取引だったのが3社間のファクタリングで利用していることが多い。3社間だと手数料もさほど変わらず素早い対応をしてくれるので。

運送業は事故などによって急に多額な資金が必要となることがあります。

ある程度保険などで賄う事が出来ますが、スタッフの確保や予期せぬ出費が発生することがあり、その資金を準備できず倒産する会社もあります。それを避けるために、繋ぎ資金としてファクタリングを活用している運送業が多いようです。

さらに、会社が流れにのり新車などの代替、修理費用、ドライバーの育成など高額にかかる資金も必要となってきます。その際に資金不足でせっかくのチャンスが水の泡にならないように、経営が良くなっても問題があっても何かしらあるために必要になるのです。

運送業であれば、取引先などの信頼性も高く、ファクタリングを継続して利用する場合は3社間での活用を感がていれば、手数料も安く利用することができるので、その準備をしている運送業が多いようです。

急な資金が必要な場合はどうしても2社間での利用となりますが。。

このように運送業であれば、融資よりも3社間でのファクタリングの準備をしておくと、急な資金調達に対応できるので、人気となっております。

コメント