宝(TAKARA)

宝

事業経営を支える資金調達ファクタリング

ファクタリングサービスご利用が初めての方へ

ファクタリングによる資金調達について

ファクタリングとは、企業様が保有している売掛金をファクタリング会社が企業様に対して償還請求権無しで『完全に買取する』ことにより、企業様に資金を提供する仕組みです。 分かりやすくご説明すると、企業様が保有する売掛金をファクタリング会社が譲り受け、 売掛先企業様の支払サイトの期日前にお支払いする仕組みです。

債権のオフバランス化・早期資金化を図るだけでなく、決済リスクも回避できます。

ファクタリングには、売上債権の種類や引き受け方の違いなどから、大きく4つの種類に分けることができます。

一括ファクタリング

一括ファクタリングとは、ファクタリング事業者が売掛金などの売上債権を購入して、それと引き換えに代金を支払う方法です。 一括ファクタリングには「二者間取引」と「三者間取引」とがあり、違いは以下の通りです。

ファクタリングには通常、2社間取引と3社間取引によるファクタリングがあります。

医療報酬債権ファクタリング

医療(診療)報酬債権ファクタリングとはファクタリング事業者が、医療機関が国民保険や社会保険に対して請求する債権を購入し、現金化する制度のことです。一括ファクタリングとの違いは、債権の種類が医療報酬債権となっており、支払企業が国保や社保になっている点です。

また、医療報酬だけでなく介護報酬や、調剤報酬も大きなくくりとしてこのファクタリングに含まれます。

保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、売上債権などに対してその金額を保証する制度のことを指し、保険的な役割を果たします。

一括ファクタリングとの違いは、売上債権に対してあくまで保証する点です。したがって、支払企業が倒産などして支払不能状態に陥った時に、ファクタリング事業者が依頼会社に現金を支払います。

国際ファクタリング

国際ファクタリング(グローバルファクタリング)とは、ファクタリング事業者が輸出債権を買取する制度のことを指します。一括ファクタリングとの違いは債権の種類が輸出債権であり、国際的なファクタリング事業者同士が連携してサービスを提供している点です。

ファクタリングのメリット

支払期間が長い場合はなかなか現金化できず、資金繰りに影響が出ることがあります。

このようなときにファクタリングサービスを利用すると、即座に売掛金をキャッシュに換えられるので便利です。

売掛金を早期に資金化できる

売掛先企業から支払が実行されるまでには、支払サイトによるタイムラグが 発生します。それは30日の場合もあれば180日の場合もあるでしょう。その間、 キャッシュフローが行き詰まってしまうことを避けるためにはファクタリングが 有効です。ファクタリング利用で請求してから最短即日で現金化が可能です。

ファクタリングは借り入れではない

金融機関からつなぎ融資を受けることは借入金になります。 キャッシュフローは一時的になんとかなっても、借金が増えれば利子の支払いも 発生します。そのため、中長期的に企業の資金繰りを圧迫しかねません。 一方、ファクタリングは売掛債権の譲渡なので、それを資金化しても借入として 計上しないことも可能です(詳しくは顧問会計士および税理士に要相談)。

担保や保証人など必要ない

売掛金を弊社が売買させて頂きますので、融資のように保証人や担保提供 などは必要御座いません。個人情報や経営状況・営業年数等も一切関係 御座いません。

売掛先が倒産しても支払いリスク発生しない

先行き不安が拭えない時代背景もあって、売掛金が必ずしも資金化できるかは 不透明なのが現実です。ファクタリングを利用すると、売掛先企業が万が一倒産 してしまった場合でも譲渡金を返済する必要がないことも、ファクタリングの 大きなメリットでしょう。

会社概要

会社名 宝株式会社
所在地 東京都目黒区目黒本町2-11-20
電話番号 0120-885-898
URL http://takara-grp.co.jp

コメント